シート裏の汚れについて

シート裏面の汚れ

・PP加工をしていない
・シールのカットラインに濃い色(黒など)が印刷されている
のいずれかの条件に当てはまる場合
、シート裏面にカットした際に発生した細かな粉状の削りカスが付着する場合がございます。(写真赤矢印部分)

これはシール製造上どうしても発生する現象ですので返金/交換の対象外とさせていただきます。

※ 粉は拭き取ればキレイに取れます。

シート裏面の汚れ対策について

グッズやノベルティなど”商品としてのシール”の場合、シート裏面が汚れていては問題があるかと思います。

その場合は、
・PP加工を行う
・シールのカットラインに濃い色を印刷しない

の汚れやすい条件の逆(どちらか)を行うことが対策になります。

PP加工の限界について

PP加工を行うことがシート裏面の汚れ対策になるのですが、カットラインに色が載っている場合、PP加工が剥がれやすくなります。

剥がれやすいといっても、少し触ったぐらいで剥がれたりということはございませんが、 鞄やポケットの中などで、常に摩擦にさらされるようなものにシールを貼り付けた場合は経年劣化によりPP加工がはがれる場合がございます。

予めご了承ください。

摩擦保護の目的でPP加工を行う場合はカットラインから1mm内側に印刷が載らない用にするとPP加工は剥がれにくくなります。

ただし、金、銀、透明PET、ユポなどのフィルム系素材はは上記の対策を行っても摩擦が多い環境ではPP加工が剥がれる場合がございます。

2020年6月18日

ページ上部へ